人生どんな道を歩もうが
人間いくつであろうが
その道の先にある大きな夢を 持つべきだと思う

それも明日叶うような小さい夢じゃなくて、 ずっと遠くの大きな夢を持つべき。

遠くの夢を持たないと、 これもいいな、あれもいいなと
あっち行ったり、こっち行ったりで ふらふらと時間ばかりが過ぎていってしまう。

忘れてはいけないのは、 大きな夢というのはある日突然叶うものではない。
夢に向かう途中で感じる 「小さな成功で得るちょっとした自信」
が、
大きな夢に叶うために必要なのだと思う。

15107309_330342967347064_4828933553335786390_n
写真:末っ子のダンスレッスンが終わるのをモールで待つ。
(上は長男が行っている大学の分校;IT関連の学部が入ってます)